お問い合わせ先

電話・FAX

097-582-1824

 

メール

chikurinbatake@yahoo.co.jp

4月29日の畑体験会のご報告

子供の体調不良、旦那不在などいろいろ忙しく遅くなりました。

今回は畑から収穫して、洗ってきれいにして袋詰までを体験して頂く企画でした。
私は畑組ではなかったので様子はお伝えできないのですが、移住を希望されている方々だったので参考になったかな?移住を考えている人、農業してみたい人、田舎暮らしを体験してみたい人にも実際を見て、聞いて、体験するいい機会だと思っています。

移住考えている人は多いと思います。目の前の畑が全てあなたのものです!とか言われたら「まぁ素敵!!」って思っちゃうかもしれません。でも今の私は思いません。草刈どうするの?大変だよ?広すぎると機会いるよ。とかそんなことを考えてしまいます。

 

移住のリアル、お伝えできると思います。

 

移住まで考えられないけど田舎暮らし体験したい方、竹林畑は山の上で住んでます。興味ある方次回是非いらしてくださ〜い!!裏テーマは都市との交流、農村への人の流れを作る、人が集まれる場所を作る、竹林畑の野菜をいっぱい食べてもらうです。

 

はいっ!そして今回もご飯の写真しかない!!という謎の企画でもあります(笑)いやぁ〜もうお客さんに必死で撮る暇ないです。すみません。

体験会では竹林畑のいっぱい野菜を食べてもらう。これも目的の1つにしています。自分で取った野菜、それはきっと美味しいはず!シンプルな調理で野菜もおかずになることを伝えたくて。どうやって料理したらいいかわからない。とかセットだと野菜が余るという声を聞くので。

 

野菜って洗って、切るだけでも面倒。でもね、オリーブオイル塩で炒めただけでも美味しかったりします。そんな竹林畑の食卓の味も体験できたらいいなと思っています。

 

料理ありきだと余る野菜、使えない野菜あると思います。でもね、野菜から料理を考えてみるというのもいいですよ。私も農業やる前は野菜だけでおかずになるとは思ってませんでした。研修先で出た野菜のおかずが衝撃的に美味しかったので、そこから私の料理は変わりました。ナスなんか揚げただけでもめちゃくちゃ美味しいの。そんな野菜の味も知ってもらいたいのです。

写真は↓タケノコパクチー炒め、竹林畑サラダ、野菜チヂミ、あと蕪の味噌汁と風呂吹き蕪。サラダはお客様仕様にしてみました(笑)普段は野菜多めですがお肉も魚も猪も鹿も食べてますよ。
最後に、ご参加くださりありがとうございました。