お問い合わせ先

電話・FAX

097-582-1824

 

メール

chikurinbatake@yahoo.co.jp

名前のない料理店と給食

 名前のない料理店での1皿。うちのピーナッツとクリームチーズ以外の野菜が全てうちの野菜。小島のシェフの手によって、うちでは食べたことのない味に仕上がっておりました。毎回野菜の少ない時期であまり出せなかったのですが、今回は1皿できるくらいお野菜を出すことができました。

 

 いつもは父ちゃんですが、今回は母ちゃん初参加!お皿と合わせるられるお酒もソムリエさんが1杯1杯考えられたカクテルだったり、ヴァンナチュールのワインだったり。今回は仕事の話もあっての参加だったけど、みんなで囲む美味しい食事と、美味しいお酒、ゆっくりと食べながら、飲みながら、お話をしながら楽しいひと時を過ごさせていただきました。

 小島さんの技術によって作られた一皿、一皿は時間と手間を惜しみなく使い丁寧に作られています。普段食べるものとは違う組み合わせだったり、いつもとは違う野菜の味を楽しむことができました。人参一つでも1皿になったりと料理人さんの技術の凄さには驚きます。

 

 料理に関して私がどうこういうよりも、一度お店に来ていただければわかると思います。来ないともったいない!とだけ言っておきましょう。

 もう1つ。小島シェフを招いてのユフトモーニ給食。こちらは日曜日に親子参加で開催しました。親子でお料理教室?の当たり前のものではなく、メニューなし、自分で目の前の食材を選び、メニューを考えてみよう!!というのがユフトモーニ給食。私たちはサポート役で参加させていただきました。

 

 打ち合わせ当初、「みんなにメニューを考えてもらう時間が欲しい」と言われた時は、はたしてできるのだろうかと不安な気持ちもありました。いざやってみれば子どもたちを中心に、メニューが決まりみんな包丁を持って大人と一緒に料理を作り上げていきました。

 

 メニューを決めてから食材を買う。そうではなくて、あるものから想像して料理を考える。これは私達が日頃からやっていること。最近はレシピサイトも充実して、メニューありきで料理をしたり、レシピがないと作れない人がいるという話を聞きます。レシピサイトはとても便利です。でも、レシピサイトばかりをあてにしてしまうと自分で考えることができなくなりませんか?そこに書いてある食材リストは旬の物ですか?スーパーに行けば大抵なんでもそろう、旬がわかりづらくなるのはちょっとした日々のクセが原因なのかもしれません。

 

 全て旬のもので料理を作ってほしいとは言いません。でも、たまには野菜から料理を想像して、メニューを考えてほしいなと思っています。直売コーナーで見ればだいたい今の時期の野菜がわかってきたりします。味も季節によって変わったり、そのときにしか無い野菜もあります。そういう野菜を手にとって、今日は何を作ろう。この野菜ならこの料理がいいなとか楽しい想像して野菜を手に取って欲しいのです。

 

 最近、高い、高いと言われる野菜ですが、値段ばかりに目を奪われていませんか?「最近、野菜高いわね」と言われるよりも、その後ろにある背景を考えたり、想像していただけると私達生産者はとても救われるのです。野菜の出荷先で話しかけられたお客さんは「野菜高いわよねーでもここのは美味しいから今日は安くて助かるわ」たまたまサイズが小さかったから値下げしていたのですが、こんな風に「高いわね」だけじゃない一言をかけていただけることがすごく嬉しいのです。今はたくさんのものや情報が溢れています。便利なもの、目の前にあるものだけをみるのではなく、少し考えてみる。そんな時間も今の時代には必要な気がします。